• 2013.08.19 Monday
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

So with
 研究室の方はドクターの先輩に資料を見せていただくということで一応の妥協点を見いだす。

 そしてその後バイト、H寒教室。授業の方はこれでもかというくらいすんなりいく。そして社長の授業見学。人のを見ると自分の授業を振り返ることが出来て良い。

 そしてその後、「ク
ェッ」と鳴くのはチョコボ鳥であることを思い出す。ちなみに社長からのメールはたくさん代講をやったことに対するお礼ということで、晩飯をゴチになる。そして色々話す@ロイホ。高校生になっても塾に来たいという子は意外といるようだ。そういやかつて自分は社長から色々教わった。もし塾がなければ今の自分はなかったとふと思った。
  • 2013.08.19 Monday
  • 23:59
  • スポンサードリンク
  • -
  • -
  • -
スポンサーサイト
Comment:
2005/12/05 3:10 AM, - wrote:
管理者の承認待ちコメントです。
2005/12/06 1:06 AM, - wrote:
管理者の承認待ちコメントです。
Add a comment:









Trackback:
http://jrhsk.jugem.jp/trackback/294
CALENDAR
SMTWTFS
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
ENTRY(latest 5)
ARCHIVES
CATEGORY
PROFILE
LINK
BLOG LIST

RECOMMEND
I LOVE U
I LOVE U (JUGEMレビュー »)
Mr.Children,Kazutoshi Sakurai,Takeshi Kobayashi
無料ブログ作成サービス JUGEM

(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.